多重債務の問題は、一分一秒でも早く解決策を見出すことが肝要です。弁護士には守秘義務がありますから、多重債務の悩みを抱え込むことなく、勇気を出してご相談ください。弁護士法人アズバーズが新生活の第一歩を全力サポートします。

借金整理の方法

自己破産

自己破産自己破産とは、地方裁判所から免責の決定を受けることにより、全ての借金を免除してもらう借金整理の方法です。任意整理や民事再生と異なり借金が無くなるのが、自己破産の最大の特徴です。自己破産を行うときは、地方裁判所へ破産手続開始の申立てを行います。不動産等の大きな資産があるときは、管財事件となります。資産の無いときは、同時廃止となります。免責すると晴れて借金が帳消しになります。借金の総額が年収を超過している方が自己破産の対象者と考えられます。

任意整理

任意整理任意整理とは、「将来の利息をカット」「過払利息を元本へ充当」することにより借金を圧縮する借金整理の方法です。裁判所を介入させないのが、任意整理の特徴です。任意整理を行うときは、弁護士や簡裁代理権を有する司法書士へ任意整理を依頼する必要があります。弁護士や簡裁代理権を有する司法書士が、債権者と交渉し和解の上、借金を圧縮します。毎月の返済金額や回数は、債権者との和解により決まります。借金の総額が、収入と比較して多過ぎることなく返済可能な方が、任意整理の対象者と考えられます。大よそ3年以内に借金を自力で返済できるときには、任意整理を検討してください。

特定調停

特定調停特定調停とは、「将来の利息をカット」「過払利息を元本へ充当」することにより借金を圧縮する借金整理の方法です。裁判所を介入させるのが、特定調停の特徴です。特定調停を行うときは、簡易裁判所へ特定調停を申立てることから始まります。債務者自らが、簡易裁判所の調停委員を仲介して債権者と交渉し和解の上、借金を圧縮します。毎月の返済金額や回数は、債権者との和解により決まります。借金の総額が、収入と比較して多過ぎることなく返済可能な方が、特定調停の対象者と考えられます。借金の総額2~3%を毎月滞りなく自力で返済できるときには、特定調停を検討してください。

個人民事再生

個人民事再生個人民事再生とは、地方裁判所から債務者自らの提出する再生計画の認可を受けることにより借金を大幅に圧縮してもらう借金整理の方法です。自己破産と異なりマイホームや資格を失わないのが、個人民事再生の特徴です。個人民事再生を行うときは、地方裁判所へ個人再生手続きを申立てることから始まります。自営業者のときは、小規模個人再生になります。会社員のように給与等の定期的な収入を見込めるときは、給与所得者等再生になります。認可されると再生案に従い借金を返済していくことになります。事情があり自己破産を選べない方が、個人民事再生の対象者と考えられます。マイホームを所有している方や自己破産の資格制限や職業制限に該当する方は、個人民事再生を検討してください。

過払金返還請求

過払金返還請求過払金返還請求とは、利息制限法に基づいて引直計算を行い、利息制限法を超えた金利を債権者から返還してもらうことをいいます。過払金返還請求を行うときは、弁護士や簡裁代理権を有する司法書士へ過払金返還請求の手続きを依頼するのが一般的です。弁護士や簡裁代理権を有する司法書士が、債権者へ取引履歴の開示を求めます。そして、その取引履歴を元に引直計算を行い、過払金のあるときはその返還を求めます。高利の金融業者から長期間の借入れをしていた方が、過払金返還請求の対象者と考えられます。借入期間が5年以上、借入金利が20%を超えていたときは、過払金返還請求を検討してください。

借金整理の事例

任意整理の手続きをしたBさん 女性 43歳 契約社員

結婚15年目の契約社員です。長年、夫に打ち明けられない秘密がありました。それは、多重債務を抱えていたことです。私の借金の主な原因は、ギャンブルです。最初は、小額を消費者金融から借りておりましたが、高利のため、利息が膨らみ徐々に返済が厳しくなりました。生真面目な夫に話したら「離婚」は免れないと思い、任意整理の手続きを依頼させていただきました。弁護士さんのアドバイスによると消費者金融が高金利ということと、取引年数の長さから過払金の返還が見込めるとのことでした。任意整理の結果、過払金を取り戻していただきました。夫に知られることなく、借金を無くせて本当に助かりました。

個人民事再生の手続きをしたOさん 男性 52歳 地方公務員

妻と結婚20年を迎え、順風満帆に暮らしておりました。私は、妻から経済的に全幅の信頼を寄せられており、家計管理を一手に引受けておりました。ところが、妻の信頼を裏切ることが起きてしまいました。株式投資、外国為替取引、商品先物取引に失敗し、大損失を被り、莫大な借金を抱えてしまいました。しかも、借金の帳尻合わせのため、消費者金融からも借入れをしてしまい、毎月の収支が赤字になりました。自己破産も考えましたが、一戸建てを手放すことに躊躇がありました。そこで、個人民事再生の手続きを進めることにしました。個人民事再生の結果、借金を大幅に圧縮することができました。毎月の収支もトントンになり、何とか家族の生活を守ることができました。

自己破産の手続きをしたAさん 男性 35歳 飲食店アルバイト

悲劇の始まりは、会社の同僚の連帯保証人を引き受けたことでした。同僚は、借金200万円を残し忽然と姿を消しました。俗にいう夜逃げです。連帯保証人が200万円を支払うことになり、他方からお金を借りたため、一夜にして多重債務の状態に陥りました。当初の200万円は完済したものの、借金返済に追われる日々が続き、借金が膨らんでしまいました。徐々に精神的に疲弊し、鬱病になりました。心療内科に通い、会社もクビになりました。絶望に暮れていたときに自己破産の広告を目にしました。早速、弁護士さんに相談したところ、自己破産が認められる状況とのことでした。自己破産の結果、無事に借金は免責されました。今は、健康を取り戻し、安定した生活を送れるようになりました。

信用情報機関

個人信用情報機関

個人信用情報とは、金融機関や信販・クレジット業者などの与信業者が、与信にあたり顧客の返済能力・支払能力を判断するための情報と定義されています。

そして、個人信用情報機関は、会員である金融会社やクレジット会社から報告された個人信用情報を管理し、会員からの照会に応じて個人信用情報を提供することを主な業務としている機関です。

個人信用情報機関

全国銀行個人信用情報センター
http://www.zenginkyo.or.jp
株式会社シー・アイ・シー(略称「CIC」)
http://www.cic.co.jp
株式会社日本信用情報機構(略称「JICC」)
https://www.jicc.co.jp

悪徳業者に要注意

悪徳業者の存在

悪徳業者の存在多重債務者をターゲットにした悪徳業者があります。悪徳業者の共通点は、甘いキャッチコピー、勧誘を行います。悪徳業者と関係を持ちますと、執拗に付きまとわれることも少なくありません。悪徳業者を見極め、未然にトラブルを防止する必要があります。案外、悪徳業者のキャッチコピーは分かりやすいため、馴れると簡単に見極められます。そもそも、借金整理は、弁護士、司法書士以外の個人や業者が請け負うことはできません。

悪徳業者のキャッチコピー

  • 他社に断られた方も融資OK(闇金融、整理屋、紹介屋)
  • 審査なし即日ご融資(闇金融)
  • 借金の整理はお任せください(整理屋)
  • 低利1本化(整理屋)
  • クレジット枠を現金化します(買取屋)

このようなキャッチコピーを電柱広告、スポーツ新聞の広告枠、折込みチラシで見かけましたら、間違いなく悪徳業者です。また、電話勧誘も悪徳業者と判断してください。

悪徳業者の形態

闇金融
闇金融とは、多重債務者に対して、法定外の金利で金銭の貸し付けを行い、莫大な利息を請求する悪徳業者です。
整理屋
整理屋とは、多重債務者に対して、借金の整理を口実に多額の手数料を請求する悪徳業者です。
紹介屋
紹介屋とは、多重債務者に対して、特定の貸金業者と特別な関係であるかのように装い、その貸金業者を紹介し、審査が通ると多額の手数料を請求する悪徳業者です。
買取屋
買取屋とは、多重債務者に対して、換金性の高い商品をクレジットカードで購入させて、その購入した商品を半値以下で買取り転売して利益を得る悪徳業者です。